世界に、たったひとつの物語

おはようございます。

ちょこっとお久しぶりです。

 

気がつけば、6月ももう、最終週・・・。

明後日からもう、7月なのですね。

みなさんもそうだと思いますが、

怒涛の6ヶ月間でしたね・・・。

 

6ヶ月間頑張った!パーティーでも

したいような気分ですね^^

 

     *     *     *

 

さて、今日は音楽の話題です。

昨日ふと、絢香さんの

「にじいろ」という曲を思い出して、

youtubeで聴いていたのですが。

 

2014年のNHKの朝ドラ

「花子とアン」の主題歌でしたよね。

この曲を聴きながら、

当時のことを思い出していました。

 

その頃私は、まだ病気の症状が重くて、

毎日、その日一日を生きるのがやっと、

という状態でした。

 

だから、先のこととか、夢とか、

まるで考えられない状態で。

そんなときにこの曲に出会って、

 

「これからはじまるあなたの物語

 ずっと道は長く続くよ・・・」

 

という歌詞を聴いて、純粋に、

びっくりしたのを覚えています。

 

この先・・・先なんて、

自分にあるのだろうか、

という気持ちだったので。

 

でも、この曲を聴いて、

励まされたような気持ちになったのも、

覚えています。

 

曲の後半、

 

「なくしたものを数えて 瞳閉ざすよりも

 あるものを数えた方が 瞳輝きだす・・・」

 

という、歌詞を聴いて・・・。

ああ、本当にそうだな、と思いました。

(歌詞はこちらで見られます)

 

あれもダメだった、これも失敗した、

と考えて落ち込むよりも、

それでも、乗り越えてきたんだな、とか、

それでも、そばにいてくれる人もいるんだな、

と考える方が、心が元気になりますよね。

 

人生とは、長く続く物語のよう。

いいことも悪いこともあるけれど、

自分の人生は、自分が紡いでいる、

世界にたったひとつの

大切な物語なんだな、ということ・・・。

 

そんなことを思い出させてくれる、

優しくて力強い曲だな、と思いました。

 

 

 

 

今日は久しぶりの、お日さま日和。

お日さまでパワーチャージして、

良い一日をお過ごしくださいね^^

 

Copyright(C)2020 cael All Rights Reserved.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

    日々の小さな楽しみ

    こんにちは。

    遊びに来てくださり、

    ありがとうございます^^

     

    今日は、梅雨の中休みかな?

    曇りながらも、お日さまがのぞいて、

    洗濯物が、風に揺れています。

     

    さて、今日は・・・

    毎日の小さな楽しみについて、

    書いてみたいと思います。

     

         *     *     *

     

    小さな楽しみ・・・というと、

    みなさん、何を思い浮かべるでしょうか。

    私の場合、ありふれていますが、

     

    ☆おいしいものを食べること

    ☆好きな音楽を聴きながら歌うこと

    ☆ブログを書くこと

    ☆新しい、面白そうな

     本やブログに出会うこと

    ☆お酒を少し飲みながら、

     好きな映画やドラマに没入すること

    etc.・・・

     

    こんな感じでしょうか。

    たとえば、おいしいものを食べること、

    といっても豪華なものではなく。

     

    市販のお菓子や、コンビニスイーツでもOK!

    食べたいときに、食べたいものを

    食べるのが、おいしいのです。

    ちなみに今日は、プリンを買いました^^

     

    あと、新しい本やブログ・・・というのは、

    最近になって加わった、小さな楽しみ、

    なのですが。

     

    私は以前は、病気の関係で、

    なかなか、新しいものを取り入れる、

    という気持ちにならなくて。

     

    病気を治療していた数年間は、

    主に写真集や画集などを、眺めていましたが、

    最近になってようやく、新しい本や

    素敵なブログ、音楽、映画など、

    幅広く「新しいもの」に

    関心を持てるようになりました。

     

    好奇心が帰って来た、というのですかね。

    知らないことを知る、魅力のある

    コンテンツを探し、出会う、という

    面白さに、あらためて出会った感じです。

     

    ただ、新しいもの、といっても、

    必ずしも流行の最先端、というわけではなく。

    自分にとっての「新しいもの」なので、

    図書館などに行くと、ほぼすべて

    自分にとっては「新しいもの」なのですが。

     

    映画や音楽なども、そうですね。

    この歳になってようやく、

    「知らないことを知るのは、面白い」

    「自分が今まで知らなかった、

     魅力的なものに出会うのは、楽しい」

    と、思えるようになりました。

    嬉しいことです。

     

         *     *     *

     

    また、自分にとっての「小さな楽しみ」

    というのは、ちょっと落ち込んだときの

    大切な癒しになると思います。

     

    日々、生活していると、

    ちょっと落ち込むような出来事は、

    わりとよくあることだと思いますが。

     

    そんなときに、人に話を聞いてもらったり、

    というのも、ありがたいことですが、

    自分一人でできる、小さな楽しみ・・・

    というのをいくつか持っておくと、

    とても心強いと思うのです。

     

    ケガをした時のために、救急セットを

    用意しておく、という感じでしょうか。

     

    ちょっと気分が落ち込んだとき、

    好きなことで自分を「よしよし」と

    癒してあげると、ほっとして

    元気が出てくる気がします。

     

    みなさんも、ぜひ、小さな楽しみを

    大事になさってくださいね。

    きっとあなたを、守ってくれると思います。

     

    今日も、最後まで、

    読んでくださって、ありがとう^^

    良い午後を、お過ごしくださいね。

     

     

     

     

    Copyright(C)2020 cael All Rights Reserved.

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    0

      夜明けに

      遥か向こうの

      地平線に

      ゆっくりと

      昇る朝陽

       

      きらきらと

      輝きながら

      あたりを染めて

       

      長い夜が

      終わったことを

      教えてくれる

       

      震えた躰も

      流した涙も

      あなたの中の

      力になって

       

      限りなく澄んだ

      夜明けの空気を

      胸いっぱいに

      吸いこんで

       

      大空に

      たなびく雲と

      金色の光

       

      おはよう、

      あなたの朝が

      やってきたよ

       

       

       

       

      Copyright(C)2020 cael All Rights Reserved.

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      0

        映画のような、恋の終わりに

        こんにちは。

        遊びに来てくださり、

        ありがとうございます^^

         

        今日も、いいお天気になりましたね。

        風が強いけれど・・・

        窓を開けていると、

        気持ちの良い風が入ってきます。

         

        さて、今日は、音楽の話題。

        ちょっと前の曲ですが、

        レキシのラブソングを

        ご紹介したいと思います。

         

             *     *     *

         

        ここのところ、レキシの2018年発売の

        アルバム「ムキシ」を聴き続けて

        そろそろコンプリートした感があるので、

        また別のアルバムを聴いてみようと思い、

        2016年発売の「Vキシ」を聴いてみました。

        (ヴィキシ、と読むそうです^^;)

         

        そしたら、こちらも・・・楽しいですね。

        良い曲がいろいろ入ってます。

        「古今 to 新古今」とか「やぶさめの馬」とか。

         

        その中から、今日は「最後の将軍」

        という、胸に染みるラブソングをご紹介。

        松たか子さんが、レキシネーム

        「森の石松」としてゲスト出演しています。

         

        松たか子さん、良い声なんですよね・・・。

        しみじみと聴いてしまいます。

         

        また、この曲ね、動画も良くて・・・。

        MVの方には、レキシこと池ちゃんと、

        俳優の夏帆さんが出ています。

        映画「海街diary」を観ているようだ、

        との声も多数。

         

        恋の終わりの、どうしようもないような

        切なくて静かな時間が、

        流れているように感じます。

         

         

         

         

        こんなふうに、温かで優しい、恋の終わりを

        迎えたことはなかったなあ・・・と思いながら。

        でもまあ、フィクションですものね (´∀`*)

        浸って楽しみたいものです。

         

        よかったら、こちらで歌詞を見ながら、

        一緒に楽しんでみてくださいね。

        今日も、読んでくださって、ありがとう^^

         

         

        Copyright(C)2020 cael All Rights Reserved.

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        0

          遠い記憶の中の

          深く絡まった

          重い鎖

          ずっと抜け出せないと

          思っていた

           

          頭の中で

          いつも自分を苦しめる

          終わらないループのような

          思考回路

           

          エネルギーを

          使い果たした

          悲しみの

          連鎖

           

          もう

          終わりにしよう

          この手で

          この身に宿る

          力で

           

          本当のことを

          知ることは

          暗闇から

          抜け出すこと

           

          持っている力を

          すべて使って

          解き放とう

          いま

           

          遠い記憶の中の

          本当のこと、を

          求めて

           

           

           

           

          Copyright(C)2020 cael All Rights Reserved.

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          0

            じんわりとした、可笑しみ 〜「ねにもつタイプ」岸本佐知子

            こんにちは。

            遊びに来ていただいて、

            ありがとうございます^^

             

            今日は、私がつい最近読んだ、

            とても面白かった本をご紹介します。

             

            表題にも書きましたが、

            岸本佐知子さんのエッセイ、

            「ねにもつタイプ」(ちくま文庫)です。

             

            これね・・・一話ずつ、

            じわじわ味わいたいので、

            ゆっくり読んでいたのですが。

             

            読んでいる途中で、ふふふ、アハハと

            笑いがこみ上げて来てしまうので、

            家などで一人で読むことをお勧めします。

             

                 *     *     *

             

            著者の岸本佐知子さんという方・・・

            私は、この本で初めて知ったのですが、

            翻訳家だそうで、ラジオなどにも

            出演されています。

             

            まず、翻訳家という職業柄のためなのか、

            語彙がとても豊富だな、と思いました。

            流れるような名文。名文なのに、

            書いてあることは、すごく可笑しい。

             

            そして、この本の真骨頂は、

            岸本さんの頭の中で疾走する、

            奇想、妄想・・・。

             

            例えば、

            締め切りが切羽詰まった時に限って、

            頭の隅で「もう一人の自分」が、

            「これから先、死ぬまでずっと

             一種類の表情で過ごさなければ

             ならなくなったら、どの顔を選ぶ?」

            という難問を提起してくる、など・・・。

             

            幼い頃から現在に至るまでの

            岸本さんの頭の中を、少しずつ

            覗き見させてもらっている感じで、

            引き込まれてしまいます。

            淡々とした感じで、

            書かれているところも好き。

             

            装幀、イラストは、

            クラフト・エヴィング商會に

            よるもので、こちらも素敵です。

             

            また、本書は、講談社エッセイ賞を

            受賞されているとのこと。

            さすが、面白い本を、出版社の人は

            見逃さないのだなあ、と思いました。

             

                 *     *     *

             

            岸本さんの近著には、去年発売された

            「ひみつのしつもん」

            などがあり、こちらも気になります。

             

            さらに、ラジオで紹介されていた、

            岸本さんが翻訳をした小説、

            「掃除婦のための手引書

             ルシア・ベルリン作品集」も、

            かなり話題になっているとか。

             

            両方とも、図書館が開いたら、

            読んでみたいなあと思います。

            いい本に出会うと、嬉しいですよね。

             

            今日も、最後まで、

            読んでくださって、ありがとう^^

            暑くなってきたので、

            体調に気をつけてお過ごしくださいね。

             

             

             

             

            Copyright(C)2020 cael All Rights Reserved.

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            0

              好きなものの手を

              こんにちは。

              ちょこっと、お久しぶりです。

              遊びに来てくださって、ありがとう^^

               

              今日は午前中、ギプスの取れた

              指のリハビリのために、

              自転車で病院まで行ってきました。

               

              風をきって走る、自転車の気持ちよさ。

              久しぶりに味わいましたが、

              陽射しも強かったですね。

               

              病院に着いたら、マスクの中まで

              汗をかいていて。家に帰ってから

              バーッと思いきり顔を洗ったら、

              すごくスッキリしました。

               

              これからの季節は、

              たくさん汗をかきそうなので、

              洗顔やシャワーに救われそうですね。

               

                   *     *     *

               

              さて今日は、最近ずっと、

              心に残っている一言について、

              書いてみたいと思います。

               

              以前、こちらの記事で、

              原田マハさんの「キネマの神様」を

              ご紹介したのですが。

               

              その本の末尾で、解説を

              俳優の片桐はいりさんが書いています。

               

              この解説も、映画好きな片桐さんらしく、

              素敵だなあと思ったのですが、

              その中で、片桐さんが、

               

              「・・・好きなものの手を

               放しさえしなければ、

               こんな素敵なこともある。」

               

              という一文を書かれていて。

              なんというか、私はこの一文に

              深く感じ入りました。

               

                   *     *     *

               

              子どもの頃から、誰にでもきっと、

              好きなものって、あると思うのですが。

              そしてそれを、仕事にできたらいいな、

              と夢見たりもすると思うのですが。

               

              でも、大人になるにつれて、だんだん、

              「そんなこと、無理に決まってる」

              とか、否定的な言葉や考えが

              自分の頭の中を占めてしまうことも

              多いと思うのです。

               

              でも、好きなことを、仕事にしなくてもいい。

              それでも、その手を放さないでほしい。

              好きなものから。

               

              どんな形でも、自分の好きなものを

              大事にしていれば、いつかふと、

              自分が救われるような出来事があると、

              思うのです。

               

              片桐はいりさんの一文を読んで、

              私は、そう思いました。

               

                   *     *     *

               

              私は、書くことが好きです。

              でも今は、仕事にしてはいません。

              けれどやっぱり、書き続けていくと思う。

              書くことが好きだから。

               

              これを読んでくださっている

              みなさんにも、何か、

              好きなことがあると思います。

               

              それが他の人を傷つけたり、

              迷惑をかけたりするものでなければ、

              大事に持っていてほしいな、と思います。

               

              それがいつか、あなたを

              助けるような気がするのです。

              根拠のない考えですが・・・。

               

              それに、人生の相棒のように、

              好きなものと一緒に生きていると、

              きっと幸せだと思います。

              他の人から、どう見られても。

               

              そして、そんな人が増えたら、

              世の中はもっと、

              優しくなるんじゃないかな・・・

              そんなことも、思いました。

               

                   *     *     *

               

              最後まで、読んでくださって、ありがとう^^

              どうぞ良い午後を、お過ごしくださいね。

               

               

               

               

              Copyright(C)2020 cael All Rights Reserved.

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              0

                遥かな歌声

                記憶のかけらを

                探し求めて

                歩きつづけた

                永い道のり

                 

                眠りのなかの

                記憶を

                遠く

                呼び覚ます

                 

                あの日聴いた

                遥かな歌声

                壊れかけた心を

                幾重にも解きほぐして

                 

                悲しいことは

                今もあるけど

                生きているから

                変わっていくよ

                 

                遠い記憶のかけら

                幾つもあつめて

                幾つもの季節を

                通りすぎて

                 

                今もずっと

                心の中で聴こえる

                あの遥かな歌声に

                耳をすまして

                 

                 

                 

                 

                Copyright(C)2020 cael All Rights Reserved.

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                0

                  今夜!おげんさんと(ほぼ)いっしょ

                  こんにちは。

                  良いお天気になりましたね^^

                   

                  今日は、音楽の話題・・・

                  表題にも書きましたが、

                  NHKで、夜10時45分から、

                  「おげんさんと(ほぼ)いっしょ」

                  オンエアされるそうです。

                  もう、チェック済みの方も多いかな?

                   

                  おげんさんこと星野源さんと、

                  おげんさんファミリーの

                  お父さん(高畑充希)、長女(藤井隆)、

                  おげんさんちのねずみ(宮野真守)らが

                  繰り広げる、ゆるくて楽しい音楽番組。

                  今回、初のリモート収録だそうです。

                  どんな感じになるんでしょうね。

                   

                  緊急事態宣言が、今日にも解除されるか?

                  というタイミングでのオンエアですが、

                  今までのコロナ疲れを癒すような、

                  ゆるやかな時間になるといいですね。

                   

                  番組公式サイトはこちら

                  番組公式ツイッターはこちらです。

                  私も、楽しみに見ようと思います^^

                   

                   

                   

                   

                  Copyright(C)2020 cael All Rights Reserved.

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  0

                    落ち込んだときは、落ち込んだ気分で。

                    こんにちは。

                    遊びに来ていただき、

                    ありがとうございます^^

                     

                    ここのところ、

                    曇り空が続いていましたが、

                    今日は久しぶりに、

                    午前中、晴れ間がのぞいていました。

                     

                    ネルシャツ一枚で、買い物に出かけたら、

                    陽射しを浴びて、汗をかきました。

                    そういえば、梅雨の晴れ間って

                    陽射しがすごく強いんだよな・・・

                    (まだ梅雨じゃないけど)

                    などと思いながら、歩いて帰りました。

                     

                    季節は少しずつ、変わっていきますね。

                    みなさん、体調の変化にも

                    お気をつけくださいね。

                     

                         *     *     *

                     

                    さて、今日の話題は・・・

                    私は定期的に、心療内科のクリニックに

                    通っているのですが、その時の話です。

                     

                    私には精神系疾患の持病があって、

                    おかげさまで、もうだいぶ

                    良くなったのですが、

                    定期的に、診察を受けています。

                     

                    先日も先生と会って、

                    「最近はどうですか〜?」などと

                    話をしてきたのですが。

                     

                    話の中で、いま飲んでいる薬の量を、

                    少し減らそうか、という話題に

                    なった時のこと。先生が、

                     

                    「でもさ、そんなに強い薬は、

                     出してないんだよね〜」

                    (おじいちゃん先生ですが、

                     こういう話し方をするのです^^;)

                     

                    ああ、そうなんですか、と相槌を打つと、

                    「だって、そうじゃない?

                     薬飲んだだけで、ガーッと

                     元気になったら、怖いよ〜。

                     そんな薬、ないよ〜。」と。

                     

                    確かにそうだなあ、

                    と思っていたら、さらに、

                     

                    「落ち込んだときはさ、

                     落ち込んだ気分で過ごせば

                     いいんだよ〜。」と。

                     

                    「そうですねぇ〜」

                    と言いながら、私も、

                    なるほどなあ、と思ったのですが。

                     

                         *     *     *

                     

                    そして、今、書きながらふと、

                    以前ご紹介した小池一夫さんの著書、

                    『自分のせいだと思わない。』の中に、

                     

                    「落ち込んでいるときに、反省をしない。

                     まずは、元気になってから」

                    というようなことが、書いてあったなと

                    思い出しました(うろ覚えですが)

                     

                    たしかに、落ち込んでいるときは、

                    「自分なんて、何もかもダメだ」

                    というふうに、思いがちなんですが。

                    そんなことは、ないんですよね。

                    ただ、弱っているだけで。

                     

                    そんなときは、

                    何かおいしいものを食べたり、

                    大好きな音楽を、聴きまくったり、

                    もう好きなだけ、寝たり・・・。

                    自分に優しくしてあげることが、

                    肝心なんだと思います。

                     

                    落ち込んだときの、自分を取り扱う方法。

                    身につけておきたいな、と思いました。

                    今まで何度も、落ち込むことは

                    ありましたが、そういえば、

                    自分に優しくしていなかったなあ・・・

                    と思いながら。

                     

                    誰にでも、波はありますしね。

                    生きていくための知恵、

                    のようなものでしょうか。

                     

                         *     *     *

                     

                    ちなみに、今日は、

                    「聖☆おにいさん」最新刊の発売日!

                    全国の聖☆おにいさんファンのみなさん、

                    書店へ走れ!!

                     

                     

                     

                     

                    Copyright(C)2020 cael All Rights Reserved.

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << June 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 歓喜とアイスクリーム
                        カエル
                      • 歓喜とアイスクリーム
                        MH

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *

                      PR